色々な種類があるA型看板の紹介

A型看板

看板は色々な種類がありA看板はスタンド看板にジャンル分けされます。飲食店などを中心に店舗などの入口に設置されている立て看板です。よく街で目にするA看板の種類は、大きさや素材、使う用途を踏まえると沢山の種類がありますが、大きく分けると内容を手書きするタイプと作成した印刷物やポスターを差し込んで、張り付けるタイプになります。例えば、ポスター入れ替え式タイプ・板面貼込式タイプ・チョークで描ける黒板タイプ・マーカーペンで書けるタイプ・カードケース差し替え式タイプ・不動産向け看板タイプがあります。A型看板は、飲食店の店頭で多く使われています。A型看板はたたむとかさばらないので、開店時に店頭にだして、閉店時に片づける事もでき、お客様にはお店の開店・閉店状況分かりやすかったりもします。

色々な看板の種類とA型看板を紹介します。

街中で毎日見ている看板ですが、実は種類がさまざまで用途によっての使い分けがあります。パラペット看板とは、店舗などの入り口の上部に掲げる看板のことです。壁面看板とは、建物の平面からでも、また遠くからでも見えるように設置する看板のことです。存在感を示す看板と言えます。突出看板とは、壁面に対して垂直に突き出すタイプの看板で、街中でよく見かけます。サイズ、素材、形状は多彩です。夜間でも分かりやすいようにライトが内蔵されたものもあります。野立看板とは、屋外に設置された看板の総称です。案内板や離れた場所での広告、使い方は様々です。スタンド看板とは、移動可能なA型看板のような自立式案内看板で店頭でのアピールをします。バナー看板とは、布用のものに写真や文字を印刷して看板として用いています。懸垂幕や登り旗に近いでしょう。

A型看板と設置する店舗のメリットなど。

A型看板というのは、横から見るとAの形になっています。拝み合わせ看板とも言い、両面が広告面になっています。両面から見えるので店頭や道のすぐそばに設置します。A型看板にアクリルボックスをつけてチラシをいれるのがお勧めです。チラシを入れることで、お客様は看板を見て反応してチラシを取り持ち帰るなどいう行動をとります。後から広告内容を思い出してもらえる可能性が高まり、集客効果が高まります。A型看板を置く際は、お店からの死角になる場所に置くことが重要です。それは入り口から離して置くことで興味のあるお客様はチラシを取りやすくなります。A型看板は、お店側としても最も手軽に導入できる看板で自分の敷地内ならどこでも自由に移動できるので、道行く人たちにお店情報をアピールできるのがメリットです。