他の看板とA型看板の違いは何か

A型看板

街を歩いていると目にすることが多い看板は、お客さんを惹きつけるためにも重要な広告媒体でもあります。その中でも簡単に移動や設置ができ、デザインの自由度が高い看板として挙げられる看板の1つがA型看板です。立て看板の一種に分類されるA型看板は、飲食店を中心に設置されることが多く、町を歩けば必ずと言っていいほど目にすることがある看板です。A型看板は、横から見たときにアルファベットのAの形に似ていることからA型看板と呼ばれ、店舗の前を通る人がどちら側から見ても店舗をPRできるように、両面に表示をすることができる特徴があります。ただし、近年では片側だけで表示をするタイプのA型看板もあります。このA型看板には、どのような種類と効果があるのでしょう。今回はA型看板についてご紹介していきます。

A型看板にはどんな種類がある?

アルファベットのAの形に似ているA型看板ですが、一言でA型看板といってもさまざまなタイプのものがあります。まず、パソコンなどで作成した印刷物を張り込むタイプのA型看板が挙げられます。張り込みタイプのA型看板は、板面に専用のシートを張り込んで使うことができます。シートは裏面に糊が付いており、一般的に屋外用の加工がされているため、日焼けや雨にも強い作りになっています。2つ目は、規格のポスターなどを差し込んで使うタイプのA型看板です。ポスターを差し込むだけで使用できるので、屋内外で販促として使用することができます。貼り付けタイプのように糊で接着しないので、簡単に差し替えを行うことができます。3つ目に挙げられるのが、手書きタイプのA型看板です。黒板やマーカーボードタイプがあり、店舗それぞれの個性を出した販促を行うことができます。

A型看板にはどのような特徴がある?

A型看板にはどのような特徴があるのでしょうか。A型看板の特徴として一番に挙げられる点は、自立タイプの看板であるため、どこにでも好きな方向に看板を設置することができ、人の流れを見てPRしたい向きに設置することができます。またPRしやすい場所に設置することで通行している人の目にも止まりやすく、逆の場合でも折りたたむことができるので看板自体を簡単に移動することができ、片付けるときの手間もかかりません。この他にも、さまざまなタイプのA型看板があるため、店舗の雰囲気に合った看板にすることができます。印刷したものを差し込んだり張り込むタイプのA型看板では、のぼり旗などとは違い写真を入れることもできるので、デザイン性の高い看板に仕上がります。また手書きタイプのA型看板は、手書きならではの温かみを感じることができ、店舗の個性を出せる看板でPRすることができる特徴があります。