失敗しないA型看板を作るための方法

A型看板

街中を歩いているとさまざまな形をした看板を目にすることでしょう。広告の役割を果たす看板ですが、実は看板にも多くの種類があるのです。今回はそのうちの一つのA型看板についてご紹介いたします。A型看板は名前を聞いてもどのような看板なのか想像がつかない方が一般的でしょうが、飲食店などの店先でおすすめメニューを記載している看板といえばイメージが湧くのではないでしょうか。おすすめメニューは前面に記載しているためなかなか側面から看板を眺めることはないので気づきにくいですが、横にしたときにアルファベットの「A」の形をしていることが名前の由来となっています。これはアメリカなどの英語を用いる国でも同様に名付けられていて、スタンド看板の中でもこのようなタイプのものをA型看板と呼びます。

A型看板を出していることのメリット

では、なぜA型看板が良く使用されているのか考えてみましょう。まず、壁に貼り付けるような看板ではなくスタンドタイプなので両面使えるということが特徴です。飲食店を例に挙げると、表面にランチメニューを記載しておいて裏面にはディナーメニューを記載しておけば、メニュー交代の時間になった時に看板を裏返すだけで済むのです。そのため余計な手間をかけなくて済み、簡単に入れ替えられることがメリットとなっています。また、そこまで大きい形状をしていないので、屋外や屋内などどこにでも設置できることが人気になっている理由の一つでしょう。その手軽さから取り入れているのは飲食店に限った話ではなく、美容室やネイルサロン、不動産会社など様々な業種の店舗でも使用されているなど、誰もが扱いやすい看板なのです。

A型看板にもさまざまな種類がある

飲食店などで目にするA型看板は基本的に黒板タイプのものが多いでしょう。しかし、何も黒板タイプのものだけがA型看板と呼ばれるわけではないのです。A型看板の中にも、ポスターを入れ込むタイプのものや、上からシートを張り付けるタイプのものなど使用方法というのはたくさんあります。お店の業種などによって適したものを適用するとA型看板を最大限上手く利用できるのです。また、屋内タイプと屋外タイプなどによっても使用方法というのは異なります。まずわかりやすい違いをあげると、防水加工が必要かどうかです。屋外に設置しているとどうしても雨の影響などもあるため、水に濡れてもも良いものにしなければいけません。屋内では光の関係で見えづらいこともあるので、ライトを内蔵しておくなどの工夫もできて、一口にA型看板と言ってもその種類は豊富にあります。