A型看板にどんな効果があるのか

A型看板

A型看板とは、飲食店など店舗の入り口に設置して、絶大な宣伝ツールとなっているスタンド看板です。片面だけでなく両面表示もできるため、店舗の左右どちらからの歩行者にもアピールできるのが特徴です。さて、もう少しA型看板について詳しくみていきましょう。パソコンなどで作成した印刷物を張り込むタイプは、基本的に掲示内容が固定のものに適しています。また定期的に掲示内容を変えたい場合には、簡単に印刷物を差し替えることが可能なタイプもあります。しかもA判やB判などの規格サイズのポスターがそのまま差し替えできるタイプもあり、お手持ちのポスターの活用を広げることもできます。そして最近では、手書きできる黒板タイプやマーカーボードタイプのものまで、アレンジができるオリジナルのものが人気を集めています。さらにA型看板は折り畳めるため、移動や収納が簡単で、わずかなスペースでもPRできるところも魅力です。

A型看板の他にどんなものがあるのでしょうか。

スタンド看板には、人の目線に入りやすい高さで作られているというのが共通の特徴です。スタンド看板にはA型看板の他に、面板が曲面にカーブされたおしゃれな雰囲気のR型看板、建物の入口付近の案内看板としてよく使用されている直立式のT型看板があります。その他にも駐車場や工事現場などでよく見られ、注意喚起の目的も兼ね合わせた樹脂スタンド看板や、夜間使用を目的としたLED電飾看板、ポールにプレートを付けた省スペースの屋内案内看板など様々です。またほとんどの看板で、材質を木製タイプ、軽くて丈夫なアルミタイプ、スタイリッシュな雰囲気のステンレスタイプなどから選ぶことができますので、それぞれ用途やサイズ、お自身のイメージに合うものを選ぶといいでしょう。ただし、いずれの看板でも屋外で使用する際は、表示物の防水加工は忘れないようにしましょう。       

A型看板で集客を高める方法とは。

お店だけでなく宣伝ツールである看板にもフレッシュさを保つことが重要です。つまり時と場合によって内容を変えることが望ましいと言えます。入口付近によく目にするA型看板ですが、お店に入る前からメニューなどの魅力を伝え、そのお店を知らなかった人にも興味を持たせる工夫が必要です。例えば、お弁当屋さんやパン屋さんなど、「焼き立て」「出来立て」の看板を出すことでその瞬間の価値を売り込みことができます。またお店の前を通り過ぎるお客様のニーズやターゲット層に応じて朝ごはん、お茶タイム、ランチタイムなど変化させる必要があります。間違ってもランチタイムが過ぎたのに、そのまま出しておいてはいけません。また日替わりメニューなどは具体的にどんなものかを表示するようにしましょう。このように、A型看板はお店の外観に溶け込ませてはいけません。お客様のニーズを常に考え、看板に反映することではじめて効果を発揮するのです。